地球の資源を守りましょう。

毎日の生活の中で、紙というのは本当に切っても切れないものです。
買い物をすれば紙袋があり、商品には紙の箱また紙の包装紙などです。
ペーパーレスの時代といわれ久しいですがやはり郵便物、広告の主流は紙です。
トイレットペーパー、キッチンペーパー、ティッシュペーパーなどなどです。
最近のインターネットショッピングの梱包されてくるダンボール、毎日の新聞、雑誌など、紙紙紙世の中で紙が生活の便利さを高めています。
紙は昔古代では筆記道具、何かの物事の記述として書き記されるものでしたがいつしか生活の必需品となりました。
私は比較的に紙を大切にするほうです。
なぜなら紙は木からできていて、私たちが知らないだけで色々な工程を経て紙となっていて、紙がある日降って沸いているのではなく自然の山に植林されている自然の産物だからです。
コーヒーショップに行きコーヒーを受け取り、紙ナプキンを無造作にたくさん多めにもらってきます、そのとき使わなかった紙をゴミ箱に捨てていましたが今では自分のバッグの中に収めて再活用しています。
印刷時のミス印刷の裏紙は、四つに切手メモ用紙にしています。
見終わった雑誌は、綴じの部分をはずしてサツマイモを一個ずつ包装するのに使いその後ごみとして捨てています。
資源ごみは、ダンボール、雑誌、ティッシュの空き箱、包装紙、それらは古紙回収に頼んで引き取ってもらっています。
そのためにも、紙の種類別に、雑誌、新聞、ダンボール、白くてきれいな古紙、とに分けています。
そのとき紙以外でもいらなくなった洋服なども引き取ってもらっています。
それら引き取られた古紙は資源ごみの再利用として、また私たちの生活のもとに戻ってくると思います。
最近では再生紙を利用した色々な紙製品があります。
昔だったら紙を白くする技術で先進国なのか?とか
白い紙コップ、白いトイレットペーパー、白いコーヒーフィルターでしたが、世の中が地球や自然を大切にしようとする心から、古紙回収し、地球の財産木をを守ろうとする活動に私も参加しています。