小さな積み重ねです

私の住んでいる地域では「女性会」という会があります。
私も女性会の会員で、約2年くらい活動に参加しています。
区民の方々が地域活性化のためにいろんな活動をしているのですが
その中の一つが「古紙回収」です。
毎月2回、一般のごみの日に合わせて「古紙回収の日」というのがあります。
新聞紙のみとなっていますが、いらない新聞紙があれば
その決まった場所に置いておけば、女性会の車が朝に回収に来て
持っていってもらえるのです。
回収時間はきっちり決まっていて
「朝8時までに置く」というのが決まりになっていて
5分でも遅く置くと「あっ、もう持って行かれたわ!!」となることもあります。
なので古紙回収の日だけはホントに朝7時30分くらいには置くのです。
回収された古紙は業者に売ることができ、そのお金でいろんな活動をされています。
活動の一つはカラオケ教室です。
市民センターなどの会場で参加費は安くして地域の皆さんに楽しんでもらう会です。
私の母親も毎月2回参会しています。
参加者はだいたいお年寄の方が多いですね。
音楽の先生を呼んで、少しレッスンをしてから、みんなで歌うという感じです。
知らない方とも気軽にコミュニケーションできるところが良いと母は言ってます。
家に帰ってからもときどき歌の練習をしているのを見ると
楽しんでるな、と感じますね。
もう一つの活動は「ボランティア」です。
公園や道など、ごみなどがあるところに出向いて、数時間かけてごみ拾いをします。
公園はやはり日曜日がごみが多いですね。
アイスクリームの紙やコンビにの袋などいろいろあります。
いつも散歩に来ているときはあまり気にならなかったのですが
いざ、ごみ拾いをすると、けっこうごみが多いのでびっくりしました。
終わった最後にはお弁当が支給され、今後の活動を広げるための話し合いがあり
思ったことを言う時間があります。
女性会の方たちはみんな協力的なので私も一緒に活動をしていて元気が出ます。
古紙回収もこのままずっと続けてされると地域の方にも喜ばれますし
大変よい活動だと思います。
私もできる限り協力していきたいと思います。